知っておくと役に立つ!キッチンクリーニングに関する初心者向けの知識やノウハウ

キッチンクリーニングをするときのおおまかな流れと方法

キッチンクリーニングでは、油汚れや焦げ付き、ぬめりや水垢などを、それぞれの材質に合わせた専用洗剤や機材を使って洗浄を行います。
大まかな流れとしては、予約を行いスタッフが訪問したあと、清掃のまえに時間や料金、サービス内容をあらためて確認し、問題がなければキッチンクリーニングをスタートします。
最初に収納庫やキャビネット、照明器具や棚などの表面を掃除し、壁面や窓ガラスの汚れを取り除きます。
コンロの設置されたガステーブルは、取り外せる部分や分解できる部分を外し、専用洗剤に浸け置き洗浄します。
ガステーブルの取り外しできない細かな部分も、専用のブラシを使って掃除するので安心です。
水回り特有の汚れがあるシンクや蛇口、排水口のゴミ受けなどの洗浄を行い、全体を乾拭きして整えれば作業は終わりです。
依頼する会社によってサービス内容が変わる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。
オプションで汚れの付きにくいコーティングや、換気扇などの掃除をしてもらうことも可能です。

キッチンの汚れは蓄積する前にクリーニングすることが清潔を保つコツ

キッチンの汚れが目につくことがありますが、すでに相当蓄積されていて自分でメンテナンスをすることも迷ってしまうかもしれません。
まずは自分でできるところまでやってみたい場合は、手頃な用具とコストで試してみましょう。
最近では情報番組などでも勧められているもので、重曹やクエン酸、セスキ炭酸ソーダなどがあります。
自然由来であるため環境にも影響がなく、工業用に製造されたものであるため価格も安く、いまでは100円均一のお店でも取り扱っています。
すぐに入手できるもので掃除ができるので、日ごろからの手入れをしたい人にはうってつけです。
また、キッチンは口に入るものを扱うため、あまり化学薬品を使いたくない場合にも適しています。
小さなお子さんやペットを飼っているご家庭にもよいでしょう。
キッチン周りのクリーニングのほとんどは対応できますから、適切な濃度を守って賢く使いたいものです。
キッチンはいつも清潔に保っておけば、汚れが蓄積することもなく日々の軽い掃除で楽に保つことができます。

キッチンクリーニングに関する情報サイト
キッチンクリーニングを知ろう

このサイトでは、キッチンクリーニングをするにあたって役立つ知識や方法を紹介しています。自分でするときの掃除の流れややり方がよく分かります。また汚れがひどいときには業者に依頼するのもひとつの方法です。その際には業者選びがとても大切になってきます。失敗しない業者選びのポイントもお伝えするので参考にしてください。ピカピカの台所になるノウハウがぎっしり詰まったサイトなので、初めて掃除する人にもおすすめです。

Search